士業・専門家・経営者の実務セミナー| TAP実務セミナー

TAP実務セミナー

HOME
HOME

<大阪開催>市街地農地・生産緑地の評価上の留意点

農地・山林・原野の評価をする上で、実務上押さえておくべき必須項目を、設例を交えながら具体的に紹介

セミナーの状態

  • 相続・資産税
  • 土地・評価

ごあんない

相続税評価計算上の土地評価には(評価減できる論点がない土地ならいざ知らず)一定の解答というものはありません。その評価方法と評価額がストライクゾーンを外れていないかどうか、ということがまずポイントとなります。特に市街地農地等について、担当税理士によっては、評価減が可能な項目をどれだけ適切に反映させることができるか次第で評価額が一物多価になることがあり得ます。
土地の評価は、税理士としての腕の見せどころと言っても過言ではありません。
本セミナーでは、農地の評価について基本から応用まで、実務上遭遇する可能性の高い論点を紹介していきます。

講座内容

【1】農地評価のための資料収集
  (1)農地評価のフローチャート
  (2)資料収集の流れ
  (3)現地調査のポイント
  (4)役所調査の留意点

【2】農地(山林・原野)の評価
  (1)純農地・中間農地の評価
  (2)市街地農地・市街地周辺農地の評価
  (3)宅地造成費控除のポイント
  (4)市街地農地等と併せてよく出る評価上の論点

【3】生産緑地農地の評価と周辺知識
  (1)生産緑地の基礎知識
  (2)納税猶予の特例の適用か売却か

★当セミナーは日本FP協会『FP継続教育単位認定講座』でございます。
 セミナーを受講された方に「継続教育研修受講証明書」をお渡しいたします。(希望者のみ)

講師

山本 隆正 氏
税理士法人チェスター 大阪事務所
税理士
山本 隆正 氏  

講師の別のセミナー

以前までは不動産オーナーの相続対策や相続税申告、資産管理会社の設立及び法人税・消費税申告とその事業承継対策といった資産税全般業務に従事。それまでの経験を活かし、税理士法人チェスター大阪事務所の開店当初からメインスタッフとして、相続税申告業務を専門に従事している。

≪経歴≫
平成17年 神戸大学 経営学部 卒業
平成18年 税理士法人FP総合研究所 資産税部門 入所
平成27年 税理士法人チェスター 大阪事務所 入所

≪書籍≫
『相続発生後でも間に合う 土地評価減テクニック』(中央経済社 2016)
『相続実務における雑種地の評価』(清文社 2016)

日程

2017年11月17日(金)

時間

10:00~13:00 (受付開始は30分前です。)

定員

60名 お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。 また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。

場所

AP大阪淀屋橋   HP
大阪市中央区北浜3-2-25京阪淀屋橋ビル3F・4F
Googleマップ

【交通アクセス】

地下鉄御堂筋線淀屋橋駅(北改札)より徒歩約3分
地下鉄堺筋線北浜駅(北改札1A出口)より徒歩約5分
京阪本線淀屋橋駅(中央改札口)徒歩約2分
京阪本線北浜駅(中央改札口)徒歩約5分

料金

大阪定額制クラブ会員:無料
一般:25,000円(資料代・税込み)


★上記の受講料につきましては、各種会員制度にご加入いただいている会員の方は下記の割引が適用となります。
【割引】
※1 無料:大阪定額制クラブ会員、東京定額制クラブ会員、TAP実務セミナー利用券使用、TAPチケット10使用
※2 20%off:TAP実務家クラブ会員、相続アドバイザー協議会認定会員

お問合せ

株式会社東京アプレイザル
【TEL】0120-02-8822 【FAX】03-3208-6255
 担当:藤江・柴田

大阪開催セミナー宿泊パックプラン

1開催1泊7,500円にて、ご宿泊できます!


東京アプレイザルとハートンホテルグループがセミナーと宿泊をパックにした「宿泊型セミナーパックプラン」をご用意いたしました。1開催につき、1泊シングル【7,500円】にてご宿泊いただけます。
「大阪定額制クラブ会員」「TAP実務家クラブ会員」の方も、当プランをご利用いただけますので是非ご活用ください。

詳細は、下記パンフレットをクリックしてご覧ください。


 
お問合せ
予約・申込み

TOP > セミナー一覧 > <大阪開催>市街地農地・生産緑地の評価上の留意点