士業・専門家・経営者の実務セミナー| TAP実務セミナー

TAP実務セミナー
HOME
<申込受付中>(2022年11月24日収録)

制度の変遷から紐解く 特例の骨組みと適用判断のポイント
~小規模宅地等の評価減の実務~

セミナーの状態

  • 資産税
  • 土地・評価
  • オンライン(録画)受講
  • FP継続教育研修講座
  • TAPオンラインセミナー会員 無料対象
  • 資産税
  • 土地・評価
  • オンライン(録画)受講
  • FP継続教育研修講座
  • TAPオンラインセミナー会員 無料対象
  • 資産税
  • 土地・評価
  • オンライン(録画)受講
  • FP継続教育研修講座
  • TAPオンラインセミナー会員 無料対象

ごあんない

昭和50(1975)年に個別通達として創設されてから約半世紀もの歴史を持つ「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の内容は、殊に近年、会計検査院の指摘による制限・縮減化や、民法(相続法)改正の影響が加わったことなどにより、年を追うごとに複雑化を増しています。

一方、その適用の有無が課税価格算入額にもたらす影響は極めて大きく、その評価減額は時に「遺産に係る基礎控除額」を超える規模ともなります。そのため、本特例は他の特例や評価制度とはその性格が大きく異なっており、相続税制の「1丁目1番地」に位置付けられるものと言っても過言ではありません。

本講義では、30年の申告経験を持つ立場から創設以来の制度の変遷、各々の特例対象宅地等の適用要件等につき、その骨組みと税務上の判断のポイントを分かりやすく整理し、通覧することにより、実務家にとって最も重要なこの特例の本質を、精緻な考察・分析により解き明かしていきます。

講座内容

【1】 本制度の基幹部~創設趣旨・評価減の比重・前提条件~
【2】 個別通達時代の8年間(昭和50年~昭和57年)
【3】 初期税制の11年間(昭和58年~平成5年)
【4】 中期税制の16年余り(平成6年~平成22年3月)
【5】 後期税制の12年余り(平成22年4月~令和4年現在)
【6】 特定居住用宅地等の要件と主な特例の内容
【7】 特定事業用宅地等の要件と主な特例の内容
【8】 特定同族会社事業用宅地等の要件と主な特例の内容
【9】 貸付事業用宅地等の要件と主な特例の内容
【10】 無償・有償借受要件、貸付用地への制度変遷、特定貸付事業

講師

田川 嘉朗 氏
南青山資産税研究所
所長・税理士
田川 嘉朗 氏  
WEBサイト

講師の別のセミナー

■1961年東京生まれ。1983年から1989年まで、美術・書道関係の出版社に勤務し、美術雑誌の編集長などを歴任。■1990年から2020年まで、資産税専門の準大手税理士法人に勤務し、代表社員・統括パートナーとして、数多くの相続税・贈与税・譲渡所得の申告業務、対策業務等に関与。租税特別措置法第40条・第70条の非課税特例を適用した約1ヘクタールの林地の自然保護団体への寄付事案、私道の評価割合を当時の60%から現行の30%に引き下げる要因となった不服申立事案などを担当した。
■論考では、『月刊税理』(ぎょうせい)の1999年7月号に「無償返還届出貸宅地をめぐる現行評価実務の矛盾点」を、2006年10月号に「広大地新通達が引き起こす相続事案の問題点~広大地評価の光と影」を各々寄稿。2018年にはWEBマガジン『プロフェッションジャーナル』創刊5周年記念連載「AIで士業は変わるか?」へ寄稿した。
■2021年、南青山資産税研究所を開設。同年「非上場株式評価の論点」(清文社)を、2022年「土地建物等評価の論点」(清文社)を刊行。東京税理士会・麻布支部所属。

日時

【収録日】2022年11月24日(木)
※動画時間は約112分です。
※オンラインの配信期限は下記の「ご視聴期間について」をご確認ください。

定員

オンライン受講の申込定員はございません。

会場

<オンライン受講の方>
●配信開始日について
収録後、3営業日以内に配信を開始する予定です。

●ご視聴期間について
[2023年6月22日(木)18時まで]となります。

※配信期間中は何度でもご視聴いただけます。
※動画のご視聴にはインターネット回線が必要となります。
「視聴専用URL」はお申込みの際にご連絡いただいたメールアドレスにお送りしますので必ずご記載ください。
配信期間中のお申込みも承ります。
視聴専用URLにつきましては、配信開始後にお送りいたします。配信期間中のお申込みの方にはお申込後2~3営業日以内にお送りいたします。
オンライン受講のお申込み期限は2023年6月18日(日)23時59分までとなります。

TAPオンラインセミナー会員の方は、本セミナーのお申込みは不要です。収録日から3営業日以降 「専用ページ」よりご視聴いただけます。

料金

20,000円(資料代・税込み)


【下記に該当する方はこちらの料金になります】
〈定額制クラブ会員〉無料
〈TAP実務セミナー利用券〉1枚使用で無料
〈TAP実務家クラブ会員〉16,000円(20%OFF)
〈事業承継スペシャリスト・マイスター認定者〉12,000円(40%OFF)
〈TAPオンラインセミナー会員〉無料
〈相続診断士・上級相続診断士認定者〉14,000円(30%OFF)

※上記料金は「税込み」価格です。
※「事業承継スペシャリスト・マイスター認定者」とは「一般社団法人事業承継検定協会」の主催講座の認定者です。
※「相続診断士・上級相続診断士認定者」とは「一般社団法人相続診断協会」の認定者です。

お問合せ

株式会社東京アプレイザル
【TEL】0120-02-8822 【FAX】03-3208-6255
 担当:セミナー事業部
当セミナーは、NPO法人日本ファイナンシャルプランナーズ協会の「継続教育研修」です。
希望者のみ下記の単位を「承認番号」をお知らせ致します。
※一般の方(どなたでも)もご受講いただけるセミナーです。

<オンライン受講者>
【課目】 相続
【認定区分/単位】   AFP 1.5単位 、  CFP 1.5 単位
※2023年6月18日までにご視聴された方に単位を付与致します。

 
ログインもしくはユーザー登録して申込む
ログインしないで申込む
パンフレット(受講申込書)をダウンロード
このセミナーに関するお問合せ

※ユーザー登録をすると、次回のお申込みの際「お客様情報」の入力が不要になります。

TOP > セミナー一覧 > 制度の変遷から紐解く 特例の骨組みと適用判断のポイント ~小規模宅地等の評価減の実務~