士業・専門家・経営者の実務セミナー| TAP実務セミナー

TAP実務セミナー
HOME

こちらのセミナーは終了しました。

決算書の見方・読み方・磨き方

~数字アレルギーの社長にも伝わる決算書活用術~


ごあんない

決算書に苦手意識を持っている経営者には、数字を使っていくら説明しても、分かってもらうことはできません。特に、苦手な貸借対照表を、数字ではなく、図で考えることで、決算書の本質は理解できるようになります。
中小企業のコンサルティングの現場で培った財務体質を改善するためのヒントを、経営者の目線から、B/S面積グラフを使いながら解説します。

講座内容

【1】なぜ、経営者は決算書が苦手なのか?

【2】貸借対照表の見方と読み方

   (1)数字ではなく図で読もう
   (2)図から考える科目のバランス
 (3)業種によって体型は異なる

【3】損益計算書の磨き方
 (1)利益は5種類あることを意識する
 (2)銀行の格付で重視されるのは営業利益
 (3)損益計算書を磨くヒントは特別損失にあり

【4】企業体力を上げるヒントは、貸借対照表にある
 (1)真の収益性は、売上高経常利益率ではない
 (2)企業体力は、収益性×安全性
 (3)含み損を吐き出すことで、企業体力は向上する
 

講師

福岡 雄吉郎 氏
株式会社アイ・シー・オーコンサルティング
主任コンサルタント
公認会計士
税理士
福岡 雄吉郎 氏  

講師の別のセミナー

名古屋大学卒業後、中堅監査法人へ入社。年商数億円から1000億円を超える企業まで、さまざまな業種の監査業務に従事。2012年、㈱アイ・シー・オーコンサルティング入社。中小・中堅企業に対してキャッシュフローを増やすための財務改善指導(オフバランス、資金繰り改善、投資計画策定)、キャッシュフローを守るための内部監査業務に従事。最近は、オーナー経営者の高額退職金支給や株式相続などの事業承継、M&A(会社売買)の指導で全国を奔走している。

日時

2018年8月29日(水)
(受付開始は30分前です。)

定員

60名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。 また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。

会場

TAP高田馬場   HP
東京都新宿区高田馬場1-31-18 高田馬場センタービル3階
Googleマップ

【交通アクセス】

JR山手線高田馬場駅(戸山口)より徒歩約3分
西武新宿線高田馬場駅(戸山口)より徒歩約3分
東京メトロ東西線高田馬場駅(3番出口)より徒歩約6分

料金

受講料 25,000円(資料代・税込み)


★上記の受講料につきましては、下記に該当される方は割引が適用となります。
【割引】
※1 無料:東京定額制クラブ会員、TAP実務セミナー利用券使用、TAPチケット10使用
※2 20%off:TAP実務家クラブ会員、相続アドバイザー協議会認定会員

お問合せ

株式会社東京アプレイザル
【TEL】0120-02-8822 【FAX】03-3208-6255
 担当:セミナー事業部
★当セミナーは日本FP協会『FP継続教育単位認定講座』でございます。
 セミナーを受講された方に「継続教育研修受講証明書」をお渡しいたします。(希望者のみ)
パンフレット(受講申込書)をダウンロード
このセミナーに関するお問合せ

※ユーザー登録をすると、次回のお申込みの際「お客様情報」の入力が不要になります。

TOP > セミナー一覧 > 決算書の見方・読み方・磨き方