士業・専門家・経営者の実務セミナー| TAP実務セミナー

TAP実務セミナー
HOME

こちらのセミナーは終了しました。

法令・通達から読み解く 自社株対策のリスク


ごあんない

自社株対策は、多くの会社にとって社運をかけた重要な課題になっています。
しかし普段は使わない資産税の知識が必須になることから、税理士が安易に対策提案をした結果、顧客から損害賠償請求を起こされる事例が増加しています。
また税理士自らが提案しなくとも、外部からおかしな提案が持ち込まれ、結果的に税理士の責任が問われる事態も十分に考えられます。
本講義では事例を中心に、自社株対策が税理士にどのようなリスクをもたらすかについて解説していきます。

講座内容

【1】相続税対策を提案した税理士法人に多額の損害賠償請求が起こされた事例
  
(※地裁に続き、高裁でも税理士法人敗訴(令和元年8月))

【2】不動産投資による相続税対策が「相続税の負担を減少させることなどを期待して実行」されたとして総則6項が適用された事例
  
(※不服審判に続き、東京地裁でも納税者敗訴(令和元年8月)

【3】金融機関提案の相続対策が税理士の説明義務違反をもたらすリスク

【4】税理士が損害賠償から身を守るためには

 

講師

金井 義家 氏
金井公認会計士・税理士事務所 代表
公認会計士
税理士
中小企業診断士
金井 義家 氏  

講師の別のセミナー

1973年 東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒
1996年 株式会社北海道拓殖銀行入社
1998年 東京都庁入庁
2003年 新日本有限責任監査法人入社。大手企業の監査経験を積む。
2009年 税理士法人タクトコンサルティング入社。税理士として資産税に係る幅広い実務をこなす。
2014年 独立。金井公認会計士・税理士事務所代表。資産税のプロフェッショナルとして活躍中。
現在、日本公認会計士協会東京会研修委員、東京税理士会業務侵害監察部委員、公益社団法人全国野球振興会(プロ野球OBクラブ)監事などを務める。著書・執筆多数。。

日時

2019年12月6日(金)
(受付開始は30分前です。)

定員

60名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。 また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。

会場

TAP高田馬場   HP
東京都新宿区高田馬場1-31-18 高田馬場センタービル3階
Googleマップ

【交通アクセス】

JR山手線高田馬場駅(戸山口)より徒歩約3分
西武新宿線高田馬場駅(戸山口)より徒歩約3分
東京メトロ東西線高田馬場駅(3番出口)より徒歩約6分

料金

一般:25,000円(資料代・税込み)


★上記の受講料につきましては、下記に該当される方は割引が適用となります。
【割引】
※1 無料:東京定額制クラブ会員、TAP実務セミナー利用券使用、TAPチケット10使用
※2 20%off:TAP実務家クラブ会員

お問合せ

株式会社東京アプレイザル
【TEL】0120-02-8822 【FAX】03-3208-6255
 担当:セミナー事業部
パンフレット(受講申込書)をダウンロード
このセミナーに関するお問合せ

※ユーザー登録をすると、次回のお申込みの際「お客様情報」の入力が不要になります。

TOP > セミナー一覧 > 法令・通達から読み解く 自社株対策のリスク