士業・専門家・経営者の実務セミナー| TAP実務セミナー

TAP実務セミナー

HOME
HOME
業務提携事務所 無料

相続税の申告時に知っておきたい路線価評価と時価(鑑定評価)との相違点

セミナーの状態

  • 不動産
  • 相続・資産税

時価より過大な評価になる土地の典型例15パターンとは

 

広大地廃止と地積規模の大きな土地の概念の違いとは

 

国税不服審判例と裁判例(税賠訴訟の実例も)も紹介

 

<講座内容>

【1】間口狭小地、奥行き長大地

 

【2】極端な不整形地と過小宅地

 

【3】道路面より段差(3m以上あるいは以下など)
   ある500㎡以上の宅地

 

【4】全体が傾斜地・がけ地で
   地積規模の大きい宅地
(500㎡以上)

【5】建築確認不可の土地

 

【6】底地(借地権付き分譲マンション)

 

【7】私道(42条2項道路・位置指定道路等)

 

【8】築年が古く空室率の高い収益不動産

 

【9】三大都市圏500㎡未満の土地、
   その他地域1000㎡未満の土地

 

【10】路線価の高い都心型区分所有権マンション

 

【11】中小工場地区内にある宅地

 

【12】評価通達では対応出来ない遺産分割時の時価評価
   
(路線価評価より大幅に高くなる土地とは)


★当セミナーは日本FP協会『FP継続教育単位認定講座』でございます。
 セミナーを受講された方に「継続教育研修受講証明書」をお渡しいたします。(希望者のみ)

講師

芳賀 則人
株式会社東京アプレイザル
会長
不動産鑑定士
芳賀 則人  

講師の別のセミナー

一般社団法人相続知識検定協会 代表理事
50歳になったら相続学校 東京本校 校長

≪プロフィール≫
1953年 北海道留萌市出身
1975年 神奈川大学法学部卒業
1981年 不動産鑑定士登録(国土交通省第3803)
同  年 東京アプレイザル設立
1983年 国土庁土地鑑定委員会鑑定評価委員嘱
2003年 NPO法人相続アドバイザー協議会 設立 理事長就任
2010年 50歳になったら相続学校 開講
2011年 一般社団法人相続知識検定協会 設立 代表理事就任
同  年 50歳になったら相続学校 東京本校 校長就任
2015年 NPO法人相続アドバイザー協議会 特別顧問
2018年 東京アプレイザル 会長就任

全国の会計事務所1,000事務所と業務提携契約を結び、累計4,000件以上の不動産鑑定評価と累計2,700件以上の広大地判定評価を中心に業務を行っている。
その一方、税理士、公認会計士、不動産業者など相続問題に直面する実務家を対象としたTAP実務セミナーを年間200講座以上開催している。

日程

2019年4月16日(火)

時間

10:30~17:00 (受付開始は30分前です。)

定員

60名 お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。 また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。

場所

TAP高田馬場   HP
東京都新宿区高田馬場1-31-18 高田馬場センタービル3階
Googleマップ

【交通アクセス】

JR山手線高田馬場駅(戸山口)より徒歩約3分
西武新宿線高田馬場駅(戸山口)より徒歩約3分
東京メトロ東西線高田馬場駅(3番出口)より徒歩約6分

料金

受講料 25,000円(資料代・税込み)


★上記の受講料につきましては、下記に該当される方は割引が適用となります。
【割引】
※1 無料:東京定額制クラブ会員、TAP実務セミナー利用券使用、TAPチケット10使用、業務提携事務所
※2 20%off:TAP実務家クラブ会員

お問合せ

株式会社東京アプレイザル
【TEL】0120-02-8822 【FAX】03-3208-6255
 担当:藤江・柴田
ログインもしくはユーザー登録して申込む
ログインしないで申込む
パンフレット(受講申込書)をダウンロード
このセミナーに関するお問合せ

※ユーザー登録をすると、次回のお申込みの際「お客様情報」の入力が不要になります。

TOP > セミナー一覧 > 相続税の申告時に知っておきたい路線価評価と時価(鑑定評価)との相違点