士業・専門家・経営者の実務セミナー| TAP実務セミナー

TAP実務セミナー
HOME

こちらのセミナーは終了しました。

タクト流 資産税コンサルティング実務2019 <全9講座>

【第6講座】相続税対策における社団・財団法人の活用とその課税関係

~これだけは知っておきたいポイントの解説~


ごあんない

平成20年12月1日より一般社団・財団法人制度が施行されてから10年がたちました。今まで非常に設立の困難だった財団法人の設立が容易になりました。この財団法人の設立・運用及び社会的活動の拠点としてあるいは相続対策に生かすためにはどのような活用法があるのかなどを解説していきたいと思います。
まずは基本的な財団法人の法制度を理解していただき、その上で税務の基礎知識を習得していただきます。後半では、財団法人を利用してどのような相続対策あるいは相続税対策(2019年度改正を踏まえて)への活用が可能かなどを考察していきたいと思います。

講座内容

【1】なぜ社団・財団法人を設立するのか

【2】一般社団・財団法人制度の概要

【3】公益法人制度と公益法人税制の概要

【4】法人税制と収益事業課税制度

【5】法人を利用した相続税・贈与税の回避を防止する措置

【6】公益法人に財産を寄附した場合の取扱い

【7】事例に基づく一般社団・財団法人活用のリスクと今後の対応
 

★当セミナーは日本FP協会『FP継続教育単位認定講座』でございます。
 セミナーを受講された方に「継続教育研修受講証明書」をお渡しいたします。(希望者のみ)

講師

平松 慎矢 氏
税理士法人タクトコンサルティング
税理士
公認会計士
平松 慎矢 氏  

講師の別のセミナー

1999年 滋賀大学経済学部卒業
2000年 監査法人トーマツ入社
2002年 公認会計士登録
2006年 タクトコンサルティング入社 同年税理士登録
日本公認会計士協会東京会「経営委員会」委員(2008年)
不動産活用・相続・贈与・譲渡など資産税に特化したコンサルティングを展開。 資産税を軸とした税理士として、執筆、講演にも注力。

《主な著書》
「改正相続法・税制改正対応“守りから攻め”の相続対策Q&A」(ぎょうせい 共著)、「法務・税務のすべてがわかる!事業承継実務全書」(日本法令 共著)、「新版 一般社団法人・財団法人の税務と相続対策活用Q&A」(中央経済社)、「公益法人等へ財産を寄附した時の税務~措置法40条の非課税制度の解説と記載例」(大蔵財務協会 共著)、「もっと詳しく知りたい人のための相続大増税と節税ヒント」(清文社 共著)他多数

日時

2019年11月26日(火)
(受付開始は30分前です。)

定員

60名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。 また、事前入金による先着順とさせていただきますので、予めご了承下さい。

会場

TAP高田馬場   HP
東京都新宿区高田馬場1-31-18 高田馬場センタービル3階
Googleマップ

【交通アクセス】

JR山手線高田馬場駅(戸山口)より徒歩約3分
西武新宿線高田馬場駅(戸山口)より徒歩約3分
東京メトロ東西線高田馬場駅(3番出口)より徒歩約6分

料金

一般: 25,000円(資料代・税込み)


★上記の受講料につきましては、下記に該当される方は割引が適用となります。
【割引】
※1 無料:東京定額制クラブ会員、TAP実務セミナー利用券使用、TAPチケット10使用
※2 20%off:TAP実務家クラブ会員

お問合せ

株式会社東京アプレイザル
【TEL】0120-02-8822 【FAX】03-3208-6255
 担当:藤江・柴田
弊社は不動産鑑定のエキスパート集団です。
セミナーの休憩中、終了後に不動産鑑定士による【不動産概算評価・机上広大地判定(無料)】のご相談をお受けいたします。当日、実際の案件(資料)をお持ちいただければ、できる限り対応させていただきますので、受付スタッフまでお気軽にお申し付けください。
※当日中にご回答できない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。
このセミナーに関するお問合せ

※ユーザー登録をすると、次回のお申込みの際「お客様情報」の入力が不要になります。

TOP > セミナー一覧 > 【第6講座】相続税対策における社団・財団法人の活用とその課税関係